社長あいさつ 集中して聴かせたい時の対処法 | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2018年 12月 25日

社長あいさつ 集中して聴かせたい時の対処法

朝礼、忘年会・新年会・団体会合でのスピーチなど
社長あいさつを効果的に行う秘訣をご紹介します。

「あいさつ」や「スピーチ」をする場面では、
誰もが最初から興味津々で聴いてもらえるとは限りません。
例えば、朝礼の場面、社員が聴いているふりをして、違う事を考えている、
なんてことはよくある話です。
男性お任せください
では、スピーチを集中して聴いて欲しい時、どうしていますか?

スピーチに集中させるシンプルな方法とは

もっとも簡単なのは、お願いすることです。
「これから、どうしても伝えたい事があるから、少し集中して聴いてもらえないか?」といえばいいんです。
そんなこと、と思いますか?

しかし、殆どの方は、どのように聴いて欲しいかを伝えずに、
「ああ、また無反応だった」と「伝わっているのか、わからない」と
悩んでいます。

今や、様々な価値観、多様性が受け入れられる時代です。
言わなくても分かるだろう、は通用しないと考えてください。
希望を伝えないから、行動しないのです。

上手なお願いは、シナリオ技術をもカバーする

もちろん、強制することはできません。
あくまで、協力的に聴いて欲しいとお願いをするのです。
その際に、なぜ聴いて欲しいか、その理由と、相手視点で聴く事のメリットまで
添えられると完璧です。

例えば「今日は、みんなにぜひ聴いて欲しいことがあります。
お得意様の○○様の感想です。これ、販促のヒントになるはずです。」
など、朝礼の冒頭に伝えるだけで、「聴いてみようかな」と
いう気になりますよね。

実は、興味を引くシナリオ構成法というものがあって、これを使えば
自然と聴衆を引き込むことが出来ます。いわゆるスピーチライティングです。
私の講座でもご紹介していて
どなたでもシナリオを作れるようになります。
しかし、こうした技術を知らなくても、希望を丁寧に伝えることで
集中をさせることは可能です。

もちろん、このスピーチの基本は、
社長以外、あらゆる方にも活用していただけます。
提案、面接、商談、会議、等の場で
ぜひお試しください。

◆あわせて読みたい関連記事
社長あいさつ 成功のための3要素

社長あいさつ 集中して聴かせたい時の対処法

社長あいさつ 惹きつける話し方実践コツ3つ

社長あいさつ 社員向け 効果的なシナリオつくり方

社長あいさつ 社員向け シナリオ構成法

■無料メルマガ 明日から役立つ「伝え方」のコツを紹介しています。
【無料7日集中メール講座】
■経営者のための「さすが」といわれるスピーチ7か条

■セミナー・研修講師のための「受講者の心をつかむ」7か条 

■ビジネスで役立つ「話し方クオリティ」30日無料メール講座

■個人向け講座

経営者・エグゼクティブ・起業・講師向け 欲しい結果を実現!
2019年開催予定。詳細決定後メルマガで先行案内します>>

※ご案内ご希望の方、上記メルマガいずれかにご登録ください。
■個人向けパーソナル
経営者・専門家・講師・リーダーの心をつかむコンテンツ&プレゼンで事業発展をサポートいたします。
kojin

■企業向け
販売促進プレゼンテーション・部下育成の対話型コミュニケーション・価値向上話し方ブランディングその他
kigyou
■ご紹介させてください!反応「ゼロ」が「100」になる実践方法満載の話し方の本
『心をつかみ思わず聴きたくなる話のつくり方』
(日本能率協会マネジメントセンター)
ブックファースト クリスタ長堀

お問い合わせ


関連記事


コメントを残す