一流経営者に学ぶ心に残るスピーチ  | 話し方渋谷 元NHKキャスターが教えるエグゼクティブ・ビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修・話し方・スピーチ 管理職コミュニケーション

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

一流経営者に学ぶ心に残るスピーチ 

手

トップ経営者となれば、人生哲学や企業理念など
聴き手に感銘を与える「強い言葉」をもっていらっしゃいます。

先日、「いきなりステーキ」で大躍進を遂げた株式会社ペッパーフードサービス
代表取締役社長 一瀬邦夫氏の講演会に参加させていただきました。

コック見習いの修業時代から、独立、フランチャイズ化、海外進出に至るまで
当時を振り返りながら臨場感たっぷりにお話くださいました。
「山高ければ谷深し」だが「ピンチはチャンス」と常に前向きに捉え
アイディアを絞りその都度売り上げを伸ばしてきたそうです。

特に印象深かったのは、独立から支えてこらえた
奥さまに対する思いが込められた言葉です。
「苦労を掛けた」という言葉は、「苦しい労働」
ということになるから決して使わない。
「苦労」ではなくて「大変な思いをさせたね」という
言葉を選んでいるそうです。
66276b2048bb6705dccc341d45c5fe89_s
そして何よりも社員を大切にすることこそ企業発展の
源であると教えてくださいました。
そのための1つの取組として、日記代わりに、社内報に社員に向けたメッセージを
書き、伝え続けようと決め、どんなに忙しくても、
社内報を読んだ社員からの感想文は、
全て目を通されているとのことでした。

その社内報を書くと決めた時のことを、このような言葉で
表現されていました。

「決意とは自分との約束である」

聴き手に残る言葉とは、その言葉に込められた密度と
行動や実績に裏付けされたものではないでしょうか。

私たちは、つい、諦めたり、迷ったり、
上手くいかない事の方が多いものです。

そんな時こそ、いい言葉に出会うと
その言葉に、未来を照らす、希望の光として
一歩、一歩前進していこう、と元気づけられるものです。

リーダー、講師など人の前に立つ人は、
常に経験をコツコツ積み重ね、言葉の密度を高めて
言葉の力を磨いておきたいものですね。

【伝わるプレゼン力養成講座】
報道系アナウンサーとして20年経験を基に、企業研修や社長、エグゼクティブ等
15000人以上のスピーチやプレゼンスキル向上に
価値提供をするなかで培ったトレーニングメソッドを
提供しています。
◆体験セミナー日程◆
       
10月 20(日)24(木) 

↓ ↓ ↓
◆独立開業・講師デビュー・リーダーが
価値を最大限活かす伝え方で幸せに活躍する「伝わるプレゼン力養成講座」

2期体験セミナー開催特典あり
体験セミナーご感想1)
体験セミナーご感想2)

詳細・お申込みはこちらです

■企業向け研修

役員・管理職プレゼンテーション・販売促進商品説明・部下育成の対話型コミュニケーション・価値向上話し方ブランディングその他
kigyou

■個人向けレッスン・講座

経営者・専門家・講師の「コンテンツ&プレゼン」で事業発展をサポートいたします。
kojin

◆経営者・エグゼクティブ向けスピーチ・プレゼンレッスン
たった数時間で変化を実感できると喜ばれています

「エグゼクティブスピーチ講座」体験セミナー(終了) 

経営者・エグゼクティブ向け個人レッスン情報はこちらをご覧ください

◆上記、講座内容の体験レッスンご希望の方は、お問い合わせください

■無料メルマガ 明日から役立つ「伝え方」のコツを紹介しています。
【無料7日集中メール講座】
■経営者のための「さすが」といわれるスピーチ7か条

■セミナー・研修講師のための「受講者の心をつかむ」7か条 

■ビジネスで役立つ「話し方クオリティ」30日無料メール講座

■ご紹介させてください!反応「ゼロ」が「100」になる実践方法満載の話し方の本
『心をつかみ思わず聴きたくなる話のつくり方』
(日本能率協会マネジメントセンター)
ブックファースト クリスタ長堀

お問い合わせ


関連記事


コメントを残す