プレゼンで成功する準備の仕方 | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2014年 11月 05日

プレゼンで成功する準備の仕方

プレゼンテーションを担当すると決まっても
日常業務が忙しくて中々取り掛かれずに、あっという間に前日になってしまった…という話をよく聞きます。
また、自分の専門に関することは、準備をしなくても何とかなるだろう…と甘く見ていたが
結果的に時間が長くなってしまった。
話が単調で間延びしてしまった、緊張で早口になってしまった。など後悔もあるようです。

プレゼンテーション成功のためには準備が8割と言われています。
プレゼンは人数や目的に合わせて行うので、大勢の前の場合と、少人数の場合では方法が違います。
今回は大人数を前にしてのプレゼンの準備のコツをまとめました。

「まずは相手を知ろう!聴衆分析で相手を引き寄せる」
受講者、クライアント、社内会議など、大勢を相手に話す場合には「聴衆分析」を行います。
ターゲット、キーマンや条件などを事前に洗い出しておくのは少人数の時と同じですが
大きく違うのが「集団」としての聴衆の特徴を掴む事です。
例えば、地域性、業種によって関心のあることピンとくる話題が違うので、プレゼンターはいきなり
こちらの主張を投げるのではなく、導入で相手が聴きたいと思わせる工夫をしていきます。
「話の決定権は、聴き手にある」あくまで相手目線でのプレゼンを準備することが
成功する準備の仕方です。

お問い合わせ

kigyou

kojin


関連記事


コメントを残す