【歯科医院・自比率向上の対話力②】スタッフの接遇力 | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2015年 07月 28日

【歯科医院・自比率向上の対話力②】スタッフの接遇力

保険診療と違い、自由診療では患者様が求める医療技術の質はもちろん、
それに伴った接遇サービスも求めています。

平成24 年の歯科診療所数は、コンビニエンスストアに比べて約1.6 倍となっているそうです。
(出典:厚労省医療施設動態調査)
さらに歯科医院の新規開業は都会に集中しているため、激戦区が増加しています。
実際、近所でも、1キロ圏内に何件もの歯科医院があります。
こうなると、患者心理としては、「技術レベルが高いのは当然」で
「先生やスタッフの感じの良い医院」「清潔で、設備が整った医院」の3拍子が揃った医院を
選びたくなります。
つまり、3つのうち、1つでも期待通りじゃないと、
他の選択肢がいくらでもある、再来患者に繋がらないと言う訳です。

感じの良い、居心地のいい医院は、院長をはじめスタッフの皆様の「人」が作り出します。
接遇マニュアル以上の「温かさ」を感じさせる対応が満足に繋がります。
患者様への配慮が言葉や態度に自然に表れる プラスαの心配りを感じさせる話し方で
医院の付加価値を高めてください。


関連記事


コメントを残す