ビジネスで相手を動かす話し方 | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2014年 12月 11日

ビジネスで相手を動かす話し方

ビジネスでは日々プレゼンの連続です。
必要な時に、必要な事を必要なだけ必要な方法で伝える瞬発力が
備わっていることがリーダーの条件です。
そして、プレゼンは、双方向でなければ成功しません。
あなたの発した言葉や提案を相手が納得し、共感しなければ
いくら素晴らしいアイディアであっても
正当な理屈であっても、YESは引き出せないのです。

プレゼンテーションは、人間力×内容力×対応力の相乗効果です。
特に組織では人間力(誰が)話しているのかが相手の感情を大きく左右します。
普段の言動、お互いの関係性などが判断の1つの材料とされています。
ろくに自分の話を聞いてくれない、挨拶も返してくれない、など
普段の態度が良くないという理由で、共感にブレーキをかけているのです。

また、接客でも、何気ない言葉や態度が誤解を与えてしまうこともあります。
言葉や態度は、その人の内面を反映するものです。いくらマニュアル通りに
行っていても、気持ちが備わっていないとお客様はすぐに見抜きます。
こうした接客も、プレゼンテーションだと捉えています。

ビジネスで相手を動かす話し方の原理原則を取り入れていっそうの業績向上を!

お問い合わせ

 

 

kigyou

kojin


関連記事


コメントを残す