難しいと感じる相手への説明の仕方 5出来そうだと思わせる | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2014年 05月 22日

難しいと感じる相手への説明の仕方 5出来そうだと思わせる

目次
1.思い込みを取り除く
2. 言葉の置き換え
3.納得感を与える
4.ゴールを見せる
5.出来そう!と感じさせる

本日のテーマは、「5.出来そう!と感じさせる」です。

人は、ベネフィットを感じても、難しそう
と思うと中々最初の一歩が踏み出せません。
例えば、組織の上位者を説得してまで導入する価値はあるのか
など冷静な判断をしながら話を聴いています。

そこでこの判断のバランスを崩すための1つの方法として
「こうすればいい」という道を示すことです。

「技術的サポートサービス付きです」
ということで一緒にやりましょうと協力を約束する。

「この点をぜひ部長にお伝えいただけませんでしょうか」
と、社内に持ち帰って説得する方法を示す。

人はやり方が分からないと不安になります。
ぜひ不安を安心にかえて「やってみよう」という気持ちを
醸成する説明をしてください。

kigyou

kojin
◆プレゼンテーション研修・話し方診断
お問い合わせ


関連記事


コメントを残す