【FP顧客獲得のプレゼンテーション⑤メッセージを伝える】 | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2015年 09月 29日

【FP顧客獲得のプレゼンテーション⑤メッセージを伝える】

プレゼンテーションを成功させる秘訣は「ストーリー構成」にあります。
例えば、ある商品やサービスを提案する場合でも、
あなたから買う理由が明確にならなければ、本当の意味での「聴き手」となりません。
目の前に座っているだけで、聴いているフリ。これでは、せっかく準備したプレゼンの内容は
通り過ぎ、成約に繋がりません。

プレゼンの本題に入る前に「あなたから買う理由」を「相手目線」で伝える。
これが相手を聴き手に変化させる技です。

これはどんな職種でも共通しているプレゼンテーションの導入方法です。
実は経営者やリーダーになるほど、商品説明ではなく、コンセプトやビジョンのような
抽象的なことを具体的にイメージさせるように伝えるスキルが求められるようになります。
そこで、使うのがこの「メッセージを伝える」ストーリー構成です。

プレゼンテーショントレーニングでは、話し方や印象というようなデリバリー法と同時に
目的に応じたストーリー構成法と、内容を作り込んでいくサポートをしています。
すると、強みが見えてきます。これを「キーワード」にして伝えると、
まさにスマッシュヒットとなって相手を動かすプレゼンテーションが完成します。

同じ保険商品を、なぜあなたから買わねばならないのか、
同じ不動産を、なぜあなたに仲介をお願いしたいのか
是非言葉で届けて、イエスを獲得しましょう。

企業向け研修について

個人コンサルティングについて

お問い合わせボタン


関連記事


コメントを残す