【歯科医院 自比率アップのスタッフ対応⑨ビジョンの共有】 | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2015年 09月 28日

【歯科医院 自比率アップのスタッフ対応⑨ビジョンの共有】

患者様に選ばれる医院を作るのは、スタッフ一人ひとりのコミュニケーション力。
そのベースとなるのが、「気持ち」です。
マニュアル化された接遇を行っても、心が伴わなければ「仏作って魂入れず」状態。
例えば「お大事に」と言いながら作業を続ける、目を合わせない、
これでは、患者様に言葉は届きません。
医療スタッフ写真 HP用

まず、どんな医院をつくりたいのか、目指すのかという
院長のビジョンを言葉で伝える事から始めてみませんか。
言わなくても分かっているはず…という想い込は禁物です。
フタッフがイメージしやすい言葉に置き換えて伝える努力をしてみてください。

そして、大事な事は継続。
人は一度聞いた程度では、すぐに忘れるものです。
もし、行動に変化が見られなければ、伝わっていないということ。
押しつけにならないように、
事あるごとに、大事な思いは伝える工夫をしたいですね。
また、院長が率先して行動を示すのも効果的です。
こうしていくことで、フタッフ共通言語化した「ビジョン」
つまり何故丁寧な言葉遣いをするのか、
何故、患者様の話に耳を傾けるのかという理由が明確になり、
おのずと行動が伴ってきます。

忙しい現場だからこそ、対話が必要。
お互いの認識レベルを同じくするのは、日々の対話です。
ぜひご活用ください。

企業向け研修について

個人コンサルティングについて

お問い合わせボタン


関連記事


コメントを残す