印象良く話す声の出し方  | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2014年 01月 08日

印象良く話す声の出し方 

相手に好印象を与えるのには、声の印象は欠かせません。
聴き手は、五感であなたの話しを聞いています。
良い印象を与えればそれだけあなたの話しをスムーズに受けれてくれます。

まず、簡単に修正できるのが口の開け方です。
口を横に開いて話すと、一つ一つの言葉が曖昧になります。
場合によっては、幼い印象になり信頼感が不足します。
表情筋を大きく動かして縦に開いて話す練習をしてみましょう。
日本語はあ、い、う、え、お、の5つの母音が基礎になります。
「あ」は縦
「い」「え」は横
「う」「お」は前に突き出す
口の開け方のトレーニングにより、声のトーンも明るくなり、印象がアップします。
ぜひご活用ください。

プロが指導する印象よく話すトレーニング詳細はこちら

人前&初対面に強くなる話し方7つの法則入門セミナー
次回開催1/24(金)先着順お申込み受付中

◆話し方研修のご依頼はこちら
お問い合わせ

◆セミナー・プレゼンで活かす心に響く話し方の法則メルマガ登録は下記から
メールマガジン登録


関連記事


コメントを残す