難しいと感じる相手への説明の仕方4ゴールを見せる | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2014年 05月 20日

難しいと感じる相手への説明の仕方4ゴールを見せる

目次
1.思い込みを取り除く
2. 言葉の置き換え
3.納得感を与える
4.ゴールを見せる
5.出来そう!と感じさせる

本日のテーマは、「4.ゴールを見せる」です。
聴き手を動かすためには、明確なゴールを見せてあげると効果的です。
その際、個人の場合は感情を動かすことが先決です。
また、決定権が第三者、複数いる場合には、聴き手が持ち帰って説得する材料として
理性合理的な根拠を示すことです。
このように、条件によって、様々なパターンが考えられますが基本は同じです。
あなたの提供するサービスや商品を導入することによってどんな素敵な未来が待っているのか
どう変化するのかを絵に描くような表現で伝えてください。

あなたが用意したゴールではなく、相手が欲しいと思うゴール設定です。
ヒントは相手の発する言葉に隠れています。
会話や雑談、質問などでつかんでおきましょう。

まずは傾聴で相手を知る
その上で「ゴール設定」
ゴールに続く道をナビゲートするのが「説明力」です。
ぜひ、身近なところから練習してください。
WACHKA式トレーニング研修を承ります。

kigyou

kojin
◆プレゼンテーション研修・話し方診断
お問い合わせ


関連記事


コメントを残す