プレゼンテーションが成功する声のトーン | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2014年 02月 27日

プレゼンテーションが成功する声のトーン

プレゼンテーションなど、人に思いを伝える時には声のトーンはです。
なぜなら、感情に直結するからです。
経営者・自営業者・ビジネスパーソン・女性起業家にとっては
1対1、1対多など相手を説得するシーンが多い方には
必須スキルです。
例えば歌を聴いて私たちは感動するように
人の声にはパワーがあります。
しかし、日本語はその特質から
浅い呼吸や筋力を使わずに話せるので
本来、ご自分が持っている声を使っていない方が多いのです。

プレゼンテーションやセミナーで原稿を見ながらボソボソ話していませんか?
スライドがメインになって
ご自身が主役だという意識が薄くなっていませんか?
ぜひ、ご自分の本来持っている「声のトーン」を知って
正しい伝え方をしてください。
アナウンサー20年の経験から伝えられる
プロのトレーニング法で劇的に
あなたの声のトーンが変わり
説得力、好感が備わります。

実際の使い方はこちらです
↓  ↓  ↓
続きはWACHIKAメンバープレミアム記事でご覧いただけます。
「影響力を与える声のトーンの使い方」
WACHIKAメンバー(無料)ご登録はこちらです

 
プロが指導するWACHIKAプレゼンテーションセミナー・パーソナルレッスン詳細はこちら

◆対話力が高まるプレゼンテーション研修のご依頼はこちら
お問い合わせ

◆セミナー・プレゼンで活かす心に響く話し方の法則メルマガ登録は下記から
メールマガジン登録


関連記事


コメントを残す