士業が成約率をあげるプレゼンテーション力 | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2014年 02月 13日

士業が成約率をあげるプレゼンテーション力

士業の方・コンサルタント業の方は、セミナーや講演会で話す機会が多いと思います。
クライアントさまとのお付き合いが始まる営業のチャンス。
もし、人前で話すことに自信がなく機会を逃しているのであれば
プレゼンテーションスキルをトレーニングで磨くことをおすすめします。

今回は、WACHIKA理論の3原則に沿って、
士業の方がセミナーや講演で話す際に
成功するポイントをお伝えします。

1.人間力を伝える
クライアントさんは、あなたの価値を話しを聴きながら、受け取る雰囲気で判断しようとします。
もちろん実績も重要ですが「好き・嫌いの感情」は選ぶ時には大きいんです。
信頼性・安心感を与える話し方はもちろんのこと、傲慢、逆に卑屈に感じさせない表現をしてください。

 

2.内容力を工夫する
あなたの専門分野について、クライアント様の知識はどの程度でしょうか?
ついあれもこれも伝えたい…と話が多すぎたり、理解が追い付かないくらい
進行がはやくなっては、クライアントは思考停止状態に陥ります。
難しい言葉、専門用語はなるべく分かりやすい言い回しに言い換える、
質問をして理解度を確かめながら進行するなど
構成や時間配分も大事になります。

3.対応力を高める
聴き手の気持ちは移ろいやすい。
気持ちはどんどん変化していきます。
その気持ちの変化に対応しながら
セミナーや講演を進めていきます。
「どんな風に話すのか」で
同じ内容でも、相手は全く違う捉え方をします。
具体的には、声・表情・態度・身だしなみ・話し方・抑揚などです。
また、質問の仕方、受け方、ワークの取り入れ方なども
上手に活用してください。

シンプルで使いやすいから結果が出やすい!「話す力」で成約率アップを!

プロが指導するWACHIKAプレゼンテーションセミナー詳細はこちら

人前&初対面に強くなる話し方7つの法則入門セミナー

◆対話力が高まるプレゼンテーション研修のご依頼はこちら
お問い合わせ

◆セミナー・プレゼンで活かす心に響く話し方の法則メルマガ登録は下記から
メールマガジン登録


関連記事


コメントを残す