初対面に強くなる第一印象 | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2013年 12月 25日

初対面に強くなる第一印象

なぜアナウンサーは初対面に強いのか
アナウンサーが仕事をする上で大切にしていることの一つに
第一印象があります。
アナウンサーは様々な人に会い、話しを聞き、伝えるのが仕事。
しかも業種も多種多様、社長、有名人、一般の方、ご年配、こどもなど対象は本当に様々です。
初対面で物怖じしたり、相手に不快感を与えてしまっては
仕事が出来ないからです。
販売、営業、士業など人と接するおしごとをなさっている方にも
初対面の方とのコミニュケーション力は共通する要素です。
今回は、初対面に強くなる第一印象についてお伝えします。

初対面で先入観を持たれている!

初対面の数秒間であなたの第一印象が決まってしまい
その後のコミニュケーションに大きく影響を与えます。
メラビアンの法則(心理学)では
第一印象は、見た目55%
話し方38%
内容7%
と言われています。

見た目とは、服装、髪型、メイクといった身だしなみや
表情、立ち振る舞いです。
アナウンサーは、人に見られる仕事なので
常にTVの映り方、動き方を意識しています。
中でも笑顔で相手が話しやすい雰囲気を作ることは
大事です。
普段、中々自分がどんな表情や立ち振る舞いをしているのか
分からないと思いますが、それぞれに初対面で緊張すると
固くなっていることが多いので、
自然な笑顔で話すトレーニングが効果的です。

また、初対面で物怖じせずに
どんな相手とでも話せるようにするためには
緊張しても伝わる声を出すことが必要になります。
これはいわゆる話し方での印象アップで
良く透る明るい声、感じよいリズム、語調が挙げられます。
アナウンサーが行う、発生、滑舌、表現法などのトレーニングで
どなたでも初対面に強い話し方を身につけることが可能です。

接客、営業以外でも
講師、プレゼンテーションなど人前で話す機会が多い場合も
はじめの数分で、成果が大きく分かれます。
また、カウンセラー、士業などクライアントとの関係性を
構築することにつながります。

ぜひ初対面に強い第一印象をご活用ください。

◆話し方グループコンサル

◆セミナー・プレゼンで活かす心に響く話し方の法則をお伝えしています

メールマガジン登録

◆話し方研修、話し方セミナー、スピーチトレーニングのお問い合わせ・お申込みはこちら

お問い合わせ


関連記事


コメントを残す