効果的な質問の仕方③オープンクエスチョンとクローズドクエスチョン | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2013年 12月 18日

効果的な質問の仕方③オープンクエスチョンとクローズドクエスチョン

質問には、オープンクエスチョンとクローズドクエスチョンという分類方法があります。
状況に合わせて、適切に使い分けると、効果的です。

クローズドクエスチョンは、「はい、いいえ」「AかB」というように
答えを限定した質問の仕方です。
例えば「今朝は朝食を食べましたか?」
「はい。食べました」
「いいえ、食べませんでした。」となります。
相手の考えや、事実を確かめたい場合などに使います。

一方、オープンクエスチョンは、相手が自由に答えを選択できます。
「今朝は、何を食べましたか?」
「ご飯です」
「パンとコーヒーでした」となります。

相手から、より多くの情報や感情を引き出したい時や
会話を膨らませたい時に効果的です。

会話の中でこうしたバリエーションを考えながら質問を投げかけると
話の交通整理役になります。ぜひご活用ください。

 


関連記事


コメントを残す