効果的な質問の仕方②「オウム返し話法」 | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2013年 12月 16日

効果的な質問の仕方②「オウム返し話法」

ここでは、ビジネスシーンや日常で活かせる質問の仕方を
お伝えします。

会話の中で、さり気なく相手の気持ちを引き出す質問力は、
セミナーやプレゼンテーション、接客でのお客様のニーズを引き出すのに
大変効果的です。

「オウム返し話法」というものがあります。
「昨日、渋谷に行ってね」
「渋谷に行ったんだ」と、繰り返します。

例えば
「今の仕事を辞めようかと思って・・・」
といわれたら、なんて質問を投げ返しますか?
「なんで?もう少し頑張ってみたら?」
「なんで、辞めたいの?」

実はこれでは相手の気持ちを引き出せないことがあります。
相手は、あなたに今の気持ちに共感して欲しいはずです。
まず、相手の気持ちに寄り添うことがポイント。
その過程を飛ばしてしまうと
「どうせわかってくれない」と
本心を語るのを辞めるかもしれません。

このような場合には
「そうなんだ。辞めたいんだ」と
オウム返し話法で、気持ちを受けれてみましょう。

一度、相手の行ったことを繰り返すことによって
受け入れてくれているという
気持ちになります。
言葉をキャッチすることで、気持ちをキャッチする
イメージです。

ただ、ワンパターンで
オウム返し話法を続けると、
「本当に、聴いているの?」
という印象を与えることもありますので
適切に使用してください。

 


関連記事


コメントを残す