プレゼン成功にカリスマ性はいらない? | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2018年 07月 04日

プレゼン成功にカリスマ性はいらない?

プレゼンテーション(商談、提案、会議等の場面も含みます)やセミナーは
聴衆を惹きつけるようなパフォーマンスをしないと、聴衆を引き込めないのではないか
と思っていませんか?
私の元へは「孫正義さんのようなプレゼンをしたい」というような若手経営者から
ご相談がよく入ります。

当然、聴き手にとっての価値を提供する、聴きやすいある程度の声量や分かりやすさ、
嫌悪感を与えない印象など,ある程度は前提ですが
誰もが「孫正義」や「スティーブジョブズ」のようなカリスマ性を発揮する経営者・リーダー像を
無理に目指さなくても良いとご提案しています。

•ÄƒAƒbƒvƒ‹‚̃Wƒ‡ƒuƒY‚b‚d‚n‚ª‘Þ”C

何故かというと、一番聴衆の胸を打つのは「その人らしさ」が伝わった瞬間だからです。

ナンバーワンでなく、オンリーワンを目指す方が
プレゼンテーションは成功するのです。

これは、私の実体験でもあります。

優秀なアナウンサーはいくらでもいます。
その方たちと自分を比較して、「足りない」部分にフォーカスをし
真似て頑張ろうとした時期がありました。

しかし、当然、先輩より目だったり評価されたりファンが増える事は
ありませんでした。

それよりも「自分らしさ」を見失わず、自分の感じたことを自分の言葉で伝える事に徹してからの方が
確実に手応えはありました。もちろん、「あなただからお願いしたい」と、着実に依頼も増えました。

もし、プレゼンテーションが上手い方を真似るなら
表層的なパフォーマンスではなく、例えば
・自分の立場…考え方やビジョンを、どう言語化しているのか
・相手の立場…聴衆にとってのベネフィットをどう伝えているのか
・ユニークさ…その人ならではの「視点」
こうした、聴衆の心を魅了する「話」の要素と順序を分析して、そこを
取り入れることをおススメします。

そして、それよりも、もっと簡単なのが
プレゼンテーションやスピーチの「基本型」を理解して使う事です。

何故かというと世間で名プレゼンと言われるものは「基本型」を使っているからです。
聴衆心理と、構成の効果を理解して、活用すれば、カリスマ性などなくても、心配ありません。
無理に受けを狙って白けさせたり、慣れないパフォーマンスをして、会場がシーンとなったり
その結果、余計緊張したり・・・なんて失敗はなくなります。

普段、物静かな方でも、緊張する方でも、真面目で面白い事が言えない方でも
聴衆の気持ちをつかむ「スピーチ」や「プレゼンテーション」は可能です。

ぜひ自信をもって考えや思いを言語化して伝え、事業発展、ビジョン実現を目指してください。
WACHIKAのグループ講座は少人数制で丁寧にお一人ずつアドバイスを行いますので、
初心者の方も安心してご参加ください。

◆グループ講座のご案内◆
少人数制で丁寧にアドバイス
「話し方クオリティ・プレゼンテーションオープン講座」のご案内
リーダーの求心力アップ!営業の売り上げアップ!講師のリピートアップ!
理念浸透、事業紹介、営業、提案、セミナー、スピーチ準備、社内会議の発表などで活かせます。

・7月8日(日)13時~17時30分「心をつかむ話のつくり方実践会」
商品説明・事業紹介・社内向けスピーチやセミナーの準備をしたい方
当日、講師からのアドバイスで、効果的な話が効率よく作れます。

申込み受付中(早期割引有)
詳細はこちらです

■パーソナルコンサルティング
詳細はこちらをご覧ください

提案力強化、カウンセリング営業・セミナー営業支援・組織活性化に関する研修、講演、詳しくは、お問い合わせください。
企業研修・講演・コンサルティングはこちらです

■ご紹介させてください!反応「ゼロ」が「100」になる実践方法満載の話し方の本
『心をつかみ思わず聴きたくなる話のつくり方』
(日本能率協会マネジメントセンター)
ブックファースト クリスタ長堀

■ビジネスで役立つ話し方30日無料メールセミナー
banner_mailmaga


関連記事


コメントを残す