経営者・リーダーの悩み「分かりました」と返事も改善しない社員 | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2018年 07月 02日

経営者・リーダーの悩み「分かりました」と返事も改善しない社員

先日、管理職向けコミュニケーション研修先で、このようなご相談を受けました。
指導すると「はい、分かりました」といい返事が返ってくるので、言いたい事が伝わったと安心していると、
全く行動の改善が見られない。何度、同じことを言っても、変化がない」

手

皆さんの職場では、いかがでしょうか?
特に、営業や接客はOJTで、現場で先輩から学ぶ機会が多いようですね。

私は、常に実践型なので、必ずどのような言葉で伝えているのかをお伺いした上でアドバイスをしています。

この方は、お客様との交渉の際に
「もっと粘って」「リアクションを大きく」という指導をしていたそうです。

元々コミュニケーション力の高い人材、勘が鋭い人材なら、これで「ピン」と来て、行動の変化ができるかも知れません。

しかし、最近の若手はSNS世代、対人コミュニケーションに慣れていないので
こうした「抽象的」な指導では、言いたい事が伝わっていない恐れがあります。

実は、私も新人アナウンサー時代に、同じように、デキる先輩アナウンサーに「感覚」で指導されて
大変分かりにくくて、困った経験があります。

私は、鈍感で、会話のセンスもない新人だったので
「インタビューは、もっと粘って」ですとか「もっとリアクションとらないと、盛り上がらないでしょ」と
言われても、分かったような気にはなっても、自分勝手な解釈をして、迷走、暴走を繰り返し
多々失敗をしてきました。
先輩の意図するところは、新人の私には「わかったようだが、行動レベルまで落とし込めない」ため
大変困りました。

話は戻りますが、きっと、ご相談をいただいた管理職から指導を受けた社員の
「分かりました」という返事は、決して嘘ではないと思うのです。

ただ、抽象的な言葉なので、自分なりの解釈で社員は自分なりに行動をする。
先輩からみたら「分かっていない」となるのです。

子の場合、解決法としては、より「具体的に伝える」ことです。
誰が聴いても同じ行動をとることができるように伝えるのです。

例えば、「粘る」を具体的に伝えると、
お客様が、いい返事をしなかった場合
慌てて切り返さずに、落ち着いて傾聴を心掛ける。

②3回程度、会話をつないで、お客様の気持ちをしっかり汲み取る
②共感のあいづちを丁寧に言葉にする
③その間に、なぜ断ってきたのか、理由のキーワードを探る
④そのキーワードが説得点への突破口になる。
⑤もう一度、相手のベネフィットをイメージさせるよう投げかけをする

いかがでしょうか。
このように、具体的に心理的な「会話」の仕組みを具体的に
お伝えしてあげれば、おそらく、「もっと粘って」よりも
意図が伝わりやすく、行動の変化、結果の変化が期待できるはずです。

決して難しいことではなくむしろ、コミュニケーションの
基本中の基本であり、いたってシンプルです。
しっかり言葉で押さえてあげると、人材育成も効率よく進みますし、
何より、お互いの信頼関係も強くなり組織の活性化にも繋がります。

ぜひ、チェックしてみてくださいね。
指導力は「伝え方」で変わります。事業発展に弾みを付けてください。

どう伝えるかは、ビジネス成功の鍵。即効性のある方法論をお伝えします。
話がまとまらない、相手の行動の変化がない、期待する反応が無い方
ぜひグループ講座でシンプルかつ有効な方法をお伝えいたします。
↓ ↓

WACHIKAのグループ講座は少人数制で丁寧にお一人ずつアドバイスを行いますので、
初心者の方も安心してご参加ください。

◆グループ講座のご案内◆
少人数制で丁寧にアドバイス
「話し方クオリティ・プレゼンテーションオープン講座」のご案内
リーダーの求心力アップ!営業の売り上げアップ!講師のリピートアップ!
理念浸透、事業紹介、営業、提案、セミナー、スピーチ準備、社内会議の発表などで活かせます。

・7月8日(日)13時~17時30分「心をつかむ話のつくり方実践会」
商品説明・事業紹介・社内向けスピーチやセミナーの準備をしたい方
当日、講師からのアドバイスで、効果的な話が効率よく作れます。

申込み受付中(早期割引有)
詳細はこちらです

■パーソナルコンサルティング
詳細はこちらをご覧ください

提案力強化、カウンセリング営業・セミナー営業支援・組織活性化に関する研修、講演、詳しくは、お問い合わせください。
企業研修・講演・コンサルティングはこちらです

■ご紹介させてください!反応「ゼロ」が「100」になる実践方法満載の話し方の本
『心をつかみ思わず聴きたくなる話のつくり方』
(日本能率協会マネジメントセンター)
ブックファースト クリスタ長堀

■ビジネスで役立つ話し方30日無料メールセミナー
banner_mailmaga


関連記事


コメントを残す