「スティーブジョブズのようなプレゼンをしたい」 | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2018年 03月 05日

「スティーブジョブズのようなプレゼンをしたい」

プレゼンテーションに関するご相談で多いのが
「スティーブジョブズのようなプレゼンをしたい」というもの。
•ÄƒAƒbƒvƒ‹‚̃Wƒ‡ƒuƒY‚b‚d‚n‚ª‘Þ”C
以前から、外資系企業のビジネスパーソンの方々は、
共感を呼ぶ話が出来ないと、
リーダーの資質が不十分という理由で
プレゼントレーニングにお越しになっていました。

最近の傾向としては、国内企業でも、
キャリアアップに共感を与えるプレゼンテーションスキル向上が
必要と考えるところが増えてきました。

ロジカルシンキング等、論理的思考の
研修を受けたが、共感を呼ぶ伝え方に関しては
研修もないし、社内に経験値がないという組織も多いようです。

確かに、新入社員に必要なコミュニケーションは
「報告相談連絡」にみられるように、情報を正確にやり取りをするというものでした。

ところが、立場が上がるにつれて
必要なコミュニケーションスキルは変化します。
プレゼンテーションも同じです。

ご相談にいらっしゃる方々は口をそろえて、こうおっしゃいます。
「新人の頃にプレゼン研修を受けたままで、
管理職や役員という立場で必要な、人前で
行動を促すようなプレゼン技法を学ぶ機会がない」と。

例えば「前期比〇〇%アップを達成しよう!」と
数字を並べるだけで、本気で主体的な行動をとる部下は何人いるでしょうか。

正論だけど実際に気持ちは動かない…
これでは、組織は強くなりませんね。

こうしたジレンマが「スティーブジョブズのようなプレゼンをしたい」
という希望となって表れているようです。

私はアナウンサー出身なので3000人の観衆の前や、
TVの特番、生放送等、多くの場数を踏んできました。
舞台上の高揚感も、緊張感も知っています。ですので
そのような状況で、プレゼンターとしていかに魅せるかという指導は得意です。
これまでも、カンファレンス、イベント登壇者、新商品発表会等の
プレゼンサポートを数多く行ってきました。

しかし、おそらく、多くのビジネスパーソンは、スティーブジョブズやTEDのような
大がかりな舞台でプレゼンテーションをする機会は少ないのではないでしょうか。
朝礼や会議室、お客様先での商談、数十人向けセミナーや説明会などが、ほどんどではないでしょうか。
相手の年齢や地域性等から場合によっては
スティーブジョブズのような立ち振る舞いは、
話の妨げになることもあります。

ですので、必ず、どのような状況で話すのか伺った上で
話し手のキャラクターも考慮しながら
最適な方法をご提案しています。

「本当の名プレゼンターは、相手の心にポッと火をともす話ができる人」だと考えます。
スティーブジョブズは、舞台演出やパフォーマンスが注目されがちですが、
「短い言葉で、聴く人の心に火をともす」この能力こそ
今なおプレゼンターとして語り継がれる本質ではないでしょうか。

ぜひ、あなたも相手の心にポッと火をともす
プレゼンターを目指してください。

**********************************
◆グループ講座
少人数制で丁寧にアドバイス
「話し方クオリティ・プレゼンテーションオープン講座」のご案内
リーダーの求心力アップ!営業の売り上げアップ!講師のリピートアップ!
理念浸透、事業紹介、営業、提案、セミナー、スピーチ準備、社内会議の発表などで活かせます。
・3月18日(日)13時~17時30分「聴衆を巻き込む話し方」
申込み受付中(早期割引有)
詳細はこちらです

■パーソナル話し方レッスン
詳細はこちらをご覧ください

提案力強化、営業支援・組織活性化に関する研修、講演、詳しくは、お問い合わせください。
企業研修・講演・コンサルティングはこちらです

■ご紹介させてください!反応「ゼロ」が「100」になる実践方法満載の話し方の本
『心をつかみ思わず聴きたくなる話のつくり方』
(日本能率協会マネジメントセンター)
ブックファースト クリスタ長堀

■ビジネスで役立つ話し方30日無料メールセミナー
banner_mailmaga


関連記事


コメントを残す