社長・リーダーの話し方のコツ 目線をあわせる | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2018年 02月 06日

社長・リーダーの話し方のコツ 目線をあわせる

社長・リーダーの立場は、話が苦手では済まされません。
説明会や朝礼や会議・社内外イベントで
鈍い反応にお困りではありませんか。

最近はネット経由で世界のトップリーダーの
プレゼンテーション動画を誰もが目にしています。

数年前と比べて確実に、聴衆の目や耳が肥えています。

与えられた原稿をそのまま棒読みするような話し方では
社員・関係者の気持ちはつかめません。

言いたい事がまとまらず、冗長な話になっていては、
内心、「何を言いたいのか分からない」とあきれているかもしれません。
これでは、求心力は低下します。

また、最新の脳科学では、人は「理性」より「感情」が先行するという研究結果も出ています。
つまり、いくら正論でかつ重要であっても、
相手の興味を惹かない「つまらない」「聴くに値しない」と判断されてしまえば
その価値は伝わらない、無視される可能性だってあるのです。

目の前に人がいても、聴いてくれなければただの「ひとり言」です。

そこで、今回は、相手の反応が変わる「話し方のコツ」をご紹介します。

それは相手と目線をあわせる方法です。
いくつか方法はありますが、例えば、相手と同じ目線、つまり相手が興味・関心を持っている話題からスタートします。
すると、聴き手は、同じ分野に興味を持っているのか、同じ課題を持っているんだ、などど「感情」が動きます。
これが「感情先行」です。

このように、相手の気持ちを動かして、ますは振り向かせる。
それから本題に入れば、話の効果もアップします。
話し方は、相手の協力を得るためのコミュニケーションの道具です。
「相手視点」の話し方を活用してビジョン実現の可能性を広げてください。

かお握手

■グループ講座
少人数制で丁寧にアドバイス
「話し方クオリティ・プレゼンテーションオープン講座」のご案内
リーダーの求心力アップ!営業の売り上げアップ!講師のリピートアップ!
理念浸透、事業紹介、商談、提案、セミナー構築、スピーチ準備、社内総会などで活かせます。
・2月18日(日)13時~17時30分「テーマ:心をつかむ話の組み立て方」
・3月18日(日)13時~17時30分「聴衆を巻き込む話し方」
申込み受付中(早期割引有)
詳細はこちらです

■パーソナル話し方レッスン
詳細はこちらをご覧ください

営業支援・組織活性化に関するコミュニケーションのアドバイスなど、
長期的なサポートもいたします。詳しくは、お問い合わせください。
企業研修・講演・コンサルティングはこちらです

■ご紹介させてください!反応「ゼロ」が「100」になる実践方法満載の話し方の本
『心をつかみ思わず聴きたくなる話のつくり方』
(日本能率協会マネジメントセンター)
ブックファースト クリスタ長堀

■ビジネスで役立つ話し方30日無料メールセミナー 
banner_mailmaga


関連記事


コメントを残す