社長プレゼンコツ ワクワクさせて感情を動かそう | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2018年 01月 15日

社長プレゼンコツ ワクワクさせて感情を動かそう

社長や個人事業主、リーダー等、社会的な立場が高まるにつれて
説得力が求められます。

では、説得力ある話し方とはどのようなものでしょうか。
説得力ある話し方とは、決して論理的なだけではありません。
もちろん思考の整理に、ロジカルシンキングは効果的です。
しかし、そのまま理屈を並べても理論理解はしても、肝心の相手の感情が動くとは
限りません。

論理的な考えも、そのままアウトプットしただけでは
質の良いプレゼンテーションとは言えないのです。

しかし、多くの方はスライドと理屈を並べるだけに
持ち時間を費やしています。これでは、相手の協力や成約を獲得できるでしょうか。

そのようなことをテーマに、本日は、社長のプレゼンスキルのトレーニングを行いました。
以下ご感想をいただきました。

「第一に、話し方を変えると、言葉のパワーが違う。今までの話し方が悔やまれます。
さらに、書き言葉と話し言葉が違うことが勉強になりました。
用意した原稿を読み上げるのではなく接続の言葉を挿入して、前後の繋がりを聴き手に示す。
断層や飛躍がないようにするなど、耳で聴いてインパクトがあるように話すことが、
プレゼンに引きこみ、納得させる上で重要だと気付きました。

普段はスライドを見ながらプレゼンをする機会が多く
スライドの説明になりがちですが
今回のトレーニングは伝える本質を身につける上で大変ためになりました。
事業説明シナリオは、見込み客の提案やセミナー、メディア取材対応など幅広く活用してみたいです」

ご感想ありがとうございました。
0143
相手の心を動かすにはまず、ワクワクさせることが必須。つまり感情先行、説明は後回し。
ターゲット分析をしながら、話の主役を「自分」から「相手」に変換して伝える。
この視点をぜひ実用化していただければ、相手は自分事として話を聴いてくれて、
あなたの可能性が飛躍的に広がります。

社内コミュニケーションの円滑に、お客様への成約率向上に、あなたの自己実現に
WACHIKAの話す力がお手伝いいたします。

■話し方クオリティ・プレゼンテーションオープン講座
テーマ:話し方によるパーソナルブランディングで求心力アップ!売り上げアップ!緊張対策にも効果的です!
1月21日(日)13時~17時30分➡申込み受付中
詳細はこちらです

企業研修・講演・コンサルティングはこちらです

■ご紹介させてください!反応「ゼロ」が「100」になる実践方法満載の話し方の本
『心をつかみ思わず聴きたくなる話のつくり方』
(日本能率協会マネジメントセンター)
ブックファースト クリスタ長堀

■ビジネスで役立つ話し方30日無料メールセミナー 
メルマガ登録はこちらです


関連記事


コメントを残す