セミナー成果を上げるには、ターゲットを見直そう! | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2017年 11月 21日

セミナー成果を上げるには、ターゲットを見直そう!

人の話を聴くというのは、大変勉強になります。
例えば、どうしてこのセミナーやプレゼンは、腑に落ちないのか、心が動かないのか…
その理由を分析してみると、「おや、自分もあの時、同じ過ちを犯していたから上手くいかなかったんだ」と
気付くものです。

そこで、最近気づいた、プレゼンの失敗例をご紹介します。

手
「あなたのセミナーは、大前提が間違っていませんか?」

「ペルソナ」という言葉、聴いた事ありますか?

マーケティング用語で、自分の理想のお客様の属性を細かく設定をして、その方に買っていただくにはどうしたらいいか
とプレゼンやPRを構築していくというものです。

この
ターゲット属性の設定の仕方が、話の説得力を大きく左右します。

設定した理想とするお客様は、果たして実在するのか
パイは多いのかを
リサーチをしたほうがいいです。
答えは自分の中にはありません!

特に、セミナーやプレゼンの聴衆の人数が増えるほど、様々な価値観を持っています。
「私は違うけど」「そんな風に決めつけられても」など思われては
共感どころか、会場の反応も冷ややかになります。

一度冷めたら、中々元に戻らないのが人の気持ち。
相談、成約に繋がりません。難しいですね。

私は「聴衆分析」と呼んでいますが、この「大前提」を
正しく抑えるとこで、ゴール設定、理由、根拠も変わり、
聴き手が自分事として捉えて、説得力が格段にアップします。

ぜひご活用ください。

会場を巻き込む伝え方で
ビジョン実現を目指しましょう!
↓ ↓ ↓
■話し方クオリティ・プレゼンテーションオープン講座
テーマ:聴衆の巻き込み方
12月17日(日)13時~17時30分➡申込み受付中
詳細はこちらです

企業研修・講演・コンサルティングはこちらです

■ご紹介させてください!反応「ゼロ」が「100」になる実践方法満載の話し方の本
『心をつかみ思わず聴きたくなる話のつくり方』
(日本能率協会マネジメントセンター)
ブックファースト クリスタ長堀


関連記事


コメントを残す