経営者向け話し方講演会 活動報告 | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2017年 08月 28日

経営者向け話し方講演会 活動報告

SNSを有効活用するなどPRを行っていると思いますが、商品やサービスの
差別化が難しい、とお感じではありませんか?
特に中小企業経営者や士業、独立起業した方は、ご自身自らが「歩く広告」になることを
お勧め致します。

阿隅講演写真

先日、横浜商工会議所青年部主催 講演会にて、経営者向け話し方によるパーソナルブランド育成について、
お話をさせていただきました。アナウンサーは、自分自身が商品。売り込んでいかなければ、仕事はもらえません。
しかし、アピール上手、社交的なアナウンサーばかりではありません。
私は、「私が、私が」という自己アピールが苦手です。だからこそ、どうすれば自分の価値を伝える事が書出来るのかを
試行錯誤してきました。

そのエッセンスは、経営者の方にこそ活用していただけるものばかり。従業員、関係者、そしてお客様にファンをつくる、
話し方によるパーソナルブランディング戦略としてお伝えいたしました。

すでに、お客様に対して、オンリーワンの商品やサービスとしてその価値が伝わるようにと
営業活動をしていると思います。
もし、中々上手くいかないと思っている方は、2つのことを確認してみましょう。

他人が認識するのは、外側と中身の重なった部分。そこでそれぞれの見せ方、伝え方のPointをご紹介しました。
まず、見せ方は、非言語と言語の活用法。信頼と好感を与える方法を一緒に行いました。
そして、伝え方では、共感を与えるストーリーテリングに挑戦しました。
特に、日本人は自分を語ることが苦手です。しかし、多様化するビジネスシーンでは「言語化」出来ないものは
存在しないと同じ事です。論理的に理解できても、行動を促せないのは、感情がブレーキになっていることが多くあります。
感情のブレーキを外す方法は、様々ありますが、
「ストーリー」を使うと、思わず惹き込まれる話が出来て、あなたや企業のファンをつくることが可能です。

経営者は、自分が伝えたい事が多すぎて、あれもこれもとなってしまいます。
ぜひ相手を主役に、切り替えて、聴き手の心を動かしてください。

実践型のセミナーで、ビジネスに限らず様々な場面で役立つ
内容で大変良かったとのご感想をいただきました。
ありがとうございました。

阿隅講演と書籍写真

おかげさまで、台湾版のオファーをいただきました。好評発売中
『心をつかみ思わず聴きたくなる話のつくり方』
(日本能率協会マネジメントセンター) 阿隅和美 著

■研修・講演についてはこちらをご覧ください
■個人・組織のプレゼンコンサルはこちらをご覧ください


関連記事


コメントを残す