酉年に飛躍する「話し方」のススメ | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2017年 01月 04日

酉年に飛躍する「話し方」のススメ

新年おめでとうございます。
本年も「伝える力」を磨くサポートで、皆様のビジョン実現をお手伝いして参ります!

早くも、1月のグループ講座や個人レッスンのお申込みを頂いており、
皆様の2017年に向けた「気合い」がひしひしと伝わってきます。

私も、全力でサポートさせていただきます。
ビルと人 (1)

さて、2017年は、どのような年になるのでしょうか。
皆様も、ここ数年、時流の変化を感じていると思います。
バブル崩壊からいわゆる「失われた20年」は、色々な価値観が大きく変化してきました。
例えば、日本の電機メーカーがマーケットで苦戦を強いられ、変わってIT企業が台頭してきたなど。

そして、AI(人工知能)の開発によって、今年以降、仕事や生活の変化が加速しそうですね。

酉年は「革命の年」とも言われているそうです。
そして、成功の秘訣は「自分の力を過信せず、部外を上手く使う」とのこと。

そういえば、会社の組織も、これまでの日本的な「常に同じチームメンバーで仕事をする」から、
部署や会社の枠を超えて、専門家の協力を得てプロジェクトチームを組む、
人材の新しい流動化が進んでいるようです。

まさに、そうなると違う文脈の相手とも上手にコミュニケーションをとれるかどうかが、
大事になってきますね。「専門能力」だけでは、中々「認められない」時代になりそうです。
「話し方」の得手不得手で、周囲の人との関係性も変わります。仕事のやりがいにも影響が出そうです。

では、どんな「話し方」が「協力」をしてもらいやすいのでしょうか。
例えば、専門用語を分かる言葉に変えて伝える
自分の考えや、実現したいことをしっかり言語化する
ただ伝えるだけじゃなく「心が動く」表現にする。
相手の、行動が変わり、成果物の品質も上がりますね。

自己都合でなく、お客様の知りたいことを伝えて納得してもらう。
あなたの人間性に触れ、リレーションシップを築きたいと感じてもらう。

このような「話し方」が自然にできる人は、
きっと豊かなビジネス&ライフを実現されるのではないでしょうか。

今年、ビジョン実現のカギとなりそうな「協力を得る」
「相手の心が動く」話し方で、飛躍の一年にしていきたいですね。

**********************************************
■1月のオープン講座のご案内

2016年、このWACHIKA話し方コンサルティングから
いくつもの成功体験がうまれました。
社内講師・営業プレゼン・講演・セミナーで
ぜひ、成果をだしてください。
↓ ↓ ↓
【話し方クオリティ・プレゼン実践講座】
2017年1月29日(日)10:00~16:00
詳細・お申込みはこちら

◆パーソナルトレーニングはこちら
◆企業研修はこちら


関連記事


コメントを残す