プレゼンのコツ 忙しい役員には2分で伝える | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2016年 11月 21日

プレゼンのコツ 忙しい役員には2分で伝える

世の中、情報が溢れ、技術の進歩は年々速度を上げ、
ビジネス現場では、数年前とは比較にならないくらい
時間のスピードが速まり、その結果仕事量は増える一方です。
しかし、その反面、働き方に関する意識も変わり
大手企業を中心に、残業を少なくする取り組みも進んでいます。

こうした背景から、今現場では、「時間がない」「忙しい」管理職や役員が
増えているようです。
スライドを作り込んでプレゼンを用意しても、
当日、「時間がない、忙しいんだ。もっと短く話して」
「つまり、何が言いたいの」
挙句の果てには「A4一枚にまとめて話して」と
言われる方もいます。

「忙しい人達」に求められるのは
簡潔に、分かりやすく、そして興味を引く「伝え方」なのです。
いくら論理的でも、退屈な長い話、結論が見えない
遠回しの言い方をしていては、評価されません。

そこで、こうしたニーズにお応えしているのが
ニュースキャスターの「話のまとめ方」を活用したプレゼンテーション技術です。

私阿隅が、生放送のニュースを担当していた時には
1つの項目に対して、長くても、3分以内にまとめていました。
時間がもらえない時には2分、1分、30秒…と短くしていきます。
ただ、短くなっても「インパクトは強く」印象に残らなければ
意味がありません。
 
視聴率を上げる技法を体系化した方法で、
どなたでも、簡単、シンプルに相手にしっかり伝える事が出来ます。
↓ ↓ ↓
12月11日(日)話し方クオリティ・プレゼンテーション基礎講座で
お伝えします。
詳細・お申込みはこちらです

※11月中お申込みで早期割引あり
経営者・ビジネスリーダーに必須なパーソナルブランディングのための話し方戦略
少人数制で個々の課題にアプローチ、ファン、顧客獲得を目指します。

0101


関連記事


コメントを残す