エグゼクティブの話し方 信頼を勝ち取る声を身につける方法 | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2016年 08月 26日

エグゼクティブの話し方 信頼を勝ち取る声を身につける方法

エグゼクティブクラスの方は、
単なる情報の伝達以上のコミュニケーションレベルが求められます。

社内外のプレゼンテーションの場面
ミーティングでメンバーを鼓舞するなど
聴き手に影響力を及ぼす「伝え方」は重要なビジネススキルです。

0101

今回は、どなたでも「信頼を勝ち取る」パワーがアップする
ベストボイスを備える「腹式呼吸」のマスター法をご紹介します。

私のトレーニングには、多くのリーダークラスの方が
いらっしゃいますが、ます最初に感じるのが「話し方にパワーがない」ことです。

パワーが感じられないと、どんなに内容が良くても
聞き流されてしまいます。聴き手を動かし、結果を出す事が出来ません。

アナウンサーは、一瞬で、聴き手を惹き付け、内容をインプットするために
話にパワーがつく、腹式呼吸法を使います。

腹式呼吸には、ここでは詳しく触れませんが、
様々な効果があり、緊張対策にも大変効果的です。

【腹式呼吸の練習法】
①胸式呼吸と腹式呼吸の違い

・簡単に言えば、胸式呼吸は、浅い呼吸、肋骨が動く
一方、腹式呼吸は深い呼吸、横隔膜の上下運動

②鼻から深く息を吸います。

③腹筋を固めます。(丹田と言われる、お腹の下あたりを手で押して固さを確認してください)

④口から、出来るだけ長く息を吐きます。
男性は20秒、女性は16秒を目標。クリアーしたらどんどん長くしていきましょう。

⑤腹式呼吸の感覚が掴みにくい場合は、仰向けになり、リラックスした状態で、
息を吸う➡お腹が出る
息を吐く➡お腹が引っ込む
この動きを確認しながら毎日1分~3分トレーニングをしてみてください。

人前に立つと、緊張のあまり呼吸にまで
気が回らないと思いますが、毎日続けることで、無意識に出来るようになります。

信頼を勝ち取るパワーある話し方で、プレゼンのパフォーマンスを高めてください。

■「話し方クオリティ・プレゼン実践講座」ご案内
↓ ↓ ↓
9月19日(祝日)10:00~16:00
詳細・お申込みはこちらをご覧ください
8月中お申込みで早期割引あり

■元NHK衛星放送キャスター・民放最古局である中部日本放送アナウンサーとして20年で培った
パブリックシーンや役職が上の方にも、信頼と好感を得る話し方、立ち振る舞い
納得を得る構成力、会場を巻き込むファシリテーションで、
あなたのプレゼンに「相手を動かす力」をプラスします。

■サポートメニューはこちらをご覧ください

■企業研修・講演はこちらをご覧ください
■個人のお客様はこちらをご覧ください
■話し方クオリティ・メールマガジンはこちら。セミナーお得情報等もございます。


関連記事


コメントを残す