講師向け話し方セミナー のどが枯れる、声の悩み解決法 | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2016年 06月 28日

講師向け話し方セミナー のどが枯れる、声の悩み解決法

先日、講師向け話し方セミナーを担当いたしました。
ご参加者は、著者、全国研修や講演に行かれている方や 大学、企業、団体で日々、登壇されているプロ講師の皆様。
毎日大勢の前で話しているプロ講師ならではの課題をお持ちです。

講師に求められる話し方の基本は「人」「内容」「対応」の3本柱
その中の「対応」を細分化すると、
大きく5つ「声」「伝え方」「表現力」「ファシリテーション」「立ち振る舞い」
に分類できます。
今回のセミナーでは、「声」をメインに取り上げました。
声は大きな影響力を持ちます。声の出し方ひとつで印象がガラリと変わり
説得力がアップします。

さて、ご参加の皆様は、以下のようなプロ講師ならではの課題をお持ちでした。

・カウンセリングやコンサル業務を主にしてきたが、
 最近、大勢の前で話すセミナーを依頼が増えた。
 大勢の前で効果的に話す方法を知りたい。

・一日研修を終えると、声がガラガラになってしまう。

・受講者の目に、「頑張り過ぎ」に映っていないか気になる

・声が良く透らない、マイクがない会場は厳しい

・滑舌が悪い、一本調子だと言われる

・声が小さい、こもる

そこで、セミナーでは、上記の課題解決を図る方法をシェアいたしました。

今回のセミナープログラムは以下の通りです。
1.表情筋、滑舌トレーニング
2.受講者を惹きつける「ベストボイス」の身につけ方
3.喉が枯れない、腹式呼吸法
4.受講者との心理的距離を縮める声の届け方
5.人前での声のトーン

146686170342367696180_20160625223503[1]

セミナーでは、オリジナルトレーニング
「気持ちのストレッチ」と「身体のストレッチ」により
本来持っている自分の声=ベストボイスを身につけていきます。

前向きな気持ちは笑顔になり、声が明るくなります。
表情筋をしっかり動かすことで、口回りも柔らかくなり、滑舌が良くなります。
腹式呼吸を使う事で、声にパワーがつきます。
身体を使う事で、のどが枯れなくなります。
慣れるまでに個人差がありますが、ご家庭で出来る練習法もお伝えしました。
トレーニング後に、まるで別人のようになった方もいらっしゃいました。

プロ講師にとって、声は商売道具。
正しい話し方を身につけて、メッセージをしっかり届け、
今以上に、受講者満足度を高めていただければ幸いです。

こうした話し方トレーニングプログラムは、オープン講座で公開しています。
次回は7月9日(土曜)です。
講師をはじめ、プレゼンや、講演、展示会、学会など人前で話す機会が多い方
経営者、コンサルタント、士業、起業家など、自分のブランディングが必要な方
メッセージがしっかり届く話し方の基本を、少人数制でお一人お一人にアドバイスいたします。

人前での緊張や伝わらないストレスから解放されて、
happyに夢や目標をかなえる力を身につけましょう。
↓ ↓ ↓
■話し方クオリティ・プレゼンテーション基礎講座 
7月9日(土曜)10:00~16:00
詳細・お申込みはこちらをご覧ください
6月中お申込みで早期割引あり

■元NHK衛星放送キャスターが、プレゼンやセミナー効果アップのお手伝いをいたします。
■サポートメニューはこちらをご覧ください

■企業研修・講演はこちらをご覧ください
■個人のお客様はこちらをご覧ください
■話し方クオリティ・メールマガジンはこちら


関連記事


コメントを残す