社内講師の話し方 積極的な発言を促すには | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2016年 07月 06日

社内講師の話し方 積極的な発言を促すには

受講者がつまらなそうにしていると、
講師だって気がめいりますね。
質問をしても、無反応ということありませんか。
受講者のやる気を引き出して研修を進めていくには、
どうしたらいいでしょうか。
本日は、発言しやすい雰囲気作りについてお伝えします。

人は明るいものを好みます。
表情は笑顔。声も明るいトーンで、抑揚をつけて。
講師がつまらなそうにしていては、研修自体がつまらないものに
なってしまいます。
ポイントは、自分が思っている以上に表現力を大胆にしないと
伝わらないという点です。
わざとらしくならないか、やり過ぎじゃないかと不安な方は
自分だけテンションを挙げないように気を付けてください。

初めは、受講者のテンションに合わせてコミュニケーションをとりながら
徐々に上げていきましょう。
この辺り、難しいと思われるかもしれませんが、正しい方法を知れば
どなたでも出来ます。

そしてもうひとつ、使う言葉もポジティブにします。

例えば、「何で出来ないの?」「どうしてわからないの?」と言う言葉を
使うと、やる気をなくしたり失敗を恐れ、積極的な発言がなくなります。
「どこまで分かった?」ポジティブ表現に変換すれば、受講者のやる気がアップします。
答えは、間違っても大丈夫という雰囲気も大切です。

本日は、積極的な発言を促す雰囲気作りについてお伝えしました。
次回は、答えやすい質問の仕方についてお伝えします。

講師スキルアップ法は、こちらで学べます
↓ ↓ ↓
7月9日(土曜)10:00~16:00
詳細・お申込みはこちらをご覧ください
6月中お申込みで早期割引あり

■元NHK衛星放送キャスター・民放最古局アナウンサーとして20年、
信頼と好感を得るプレゼン力で、お客様や受講者の満足度アップをサポートします。
■サポートメニューはこちらをご覧ください

■企業研修・講演はこちらをご覧ください
■個人のお客様はこちらをご覧ください
■話し方クオリティ・メールマガジンはこちら


関連記事


コメントを残す