外資系企業 日本語プレゼンテーション | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2016年 04月 11日

外資系企業 日本語プレゼンテーション

英語でのプレゼンテーションは流暢なのに、
日本語だと戸惑ってしまう…というご相談を多く受けます。

また「うちのメンバーは日本のクライアントに対して
失礼のない態度や話し方をしているのだろうか」とご心配をしている上司の方からの
問合せもいただきます。

学歴も高く、会社でのポジションも高ければ
社外に対するプレゼンテーションの受けがいいかというと、
実はまた別の問題をはらんでいます。

本日は、その中の1つ「言葉の選び方」を取り上げます。

ビルと人 (1)

【言葉の選び方】
社内で通用する用語をそのまま使っていませんか。
プレゼンテーションの基本は「相手目線」で話すことです。

日本のお客様向けのプレゼンテーションでは、
できるだけ英語の用語は日本語に変換し、分かりやすく伝えましょう。
理解力や文化習慣を相手に合わせる努力をします。

例えばIT企業でいえば「インテグレーション」「インターフェース」「デバイス」
当たり前のように使っているこうした用語ですが、日本語に変えると、どうなりますか?
金融系のクライアント企業の担当者ではなく上長や
役員に説明をする際には、ITに関してあまり詳しくない場合も多いですね。
一度聴いてすぐにイメージできるように話す配慮こそ、
プレゼンテーションの成果を高めます。

ぜひ相手を動かす日本語プレゼンテーションをご活用ください。

企業研修・講演はこちら



コメントを残す