惹きつける話し方②伝えたい目的を明確にする  | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2016年 03月 01日

惹きつける話し方②伝えたい目的を明確にする 

プレゼンテーションやスピーチ・セミナーなど
人前でしっかり届け、相手を動かす「話し方の技術」をシリーズでお伝えいたします。
ポジションが上がると、オフィシャルな場も増え、慣れないと人前で話す時に
プレッシャーやストレスを感じるものです。
普段、何の問題もなく話せるのに、いざ人前に立つと言葉が出てこないという状態は
仕事がデキる、有能かどうかとは全く関係ありません。
ただ、「人前で話す方法」を知らないだけで、技術さえ身につければ
どなたでも大勢の前であっても、ラクに話せるようになるのです。

プレゼンテーションの上手な話し方は、ある程度の社会的立場であれば
リーダーとしての信頼性にも関わってきますので、ぜひご参考にしてください。

さてビジネスでの話しには、必ず目的があります。
しかし、言いたい事があり過ぎて、結局何が言いたいのか聴き手が整理出来ずに
分からない、そして結果が出ないというプレゼンやセミナーも多々見かけます。
話の効果は、話す分量ではなく聴き手が受け取る分量で決まります。

また、突っ込まれるのが怖くて、回りくどい言い方になってしまう場合にも
同じような結果になります。

そこで、まず最初に行うことは「そもそも、何のために話すのか」を
関係者同士で、擦り合わせること。
それぞれが思い込でスライドを作っていたり
上司と部下、部署間の意思の疎通が出来ていない場合もあります。
あなたの常識は他人の非常識ということを肝に銘じて
分かり切っていることでも言葉に出して確認をしてください。

急がば回れで、このように目的を明確にしてから準備をすると、
無駄な労力をかけずに結果を出せます。

ファイル

※オープン講座のご案内
■話し方クオリティ・プレゼンテーション基礎講座
日程:3月13日(日) 10:00~16:00
メルマガ会員様50%引き

■詳細・お申込みは下記をご覧ください
詳細・お申込み
0156

企業向け研修について

個人コンサルティングについて


関連記事


コメントを残す