リーダーの話し方⑮ 緊張を緩和するには | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2016年 02月 02日

リーダーの話し方⑮ 緊張を緩和するには

メディアの取材やセミナー・講演などを依頼されることが増えると
オフィシャルな場で話す機会が多くなります。

普段、商談の場ではいくらでも話せるのに、いざカメラや大勢の前に立つと
緊張して顔がこわばってしまう
思ったことの半分も言えない
頭が真っ白になる
という方も多いようです。

しかし、リーダーともなれば会社を代表する立場でその場にいるわけです。
みなさんの話す様子を通して、企業イメージに繋がるといっても
過言ではありません。

上手く話せない方は、ある程度技術でカバーできます。

緊張対策には、いくつかアプローチがありますが、
今回は準備を通した方法をお伝えします。

0070
①印象を管理する…ボイストレーニングを通して、表情や声が
緊張しても感じ良くなる練習をします。

②目的やゴールをしっかり確認する
話す目的、相手のニーズなど事前に確認をしておけば
何をすべきかが明確になり、内向きの意識が弱まります。

③内容を準備する
目的・ゴールに合わせて、話を準備します。
目的や状況にあった構成シナリオがありますので
順序立てて、論理的に用意します。
ポイントは、シンプルに分かりやすくです。

④練習をする
慣れないうちは、本番のつもりで「通し稽古」をしたほうが
当日の緊張は緩和します。
出来れば、最初の5分は徹底的に行うといいでしょう。

周囲に与える影響は、見た目・話し方による部分が大きいので、
声の出し方・表情など印象も確認してください。

いかがでしょうか。
緊張はどなたでもします。
ただ、相手に違和感を与えてしまうと
せっかくの話の効果は期待できません。

社会的な立場になったら、ぜひしっかり準備をして
緊張をコントロールして望みたいですね。

次回 オープン講座予定
話し方クオリティ・プレゼンテーション実践講座 日時:2月14日(日) メルマガ会員様50%引き 
話し方クオリティ・プレゼンテーション基礎講座 日程:3月13日(日) 早割・メルマガ会員様50%引き
詳細・お申込みは下記をご覧ください
詳細・お申込み

企業向け研修について

個人コンサルティングについて

お問い合わせボタン


関連記事


コメントを残す