リーダーの話し方⑨話の導入で、興味を引く | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2015年 12月 08日

リーダーの話し方⑨話の導入で、興味を引く

プレゼンテーションのスタート、朝礼の始め方
相手に伝えたい事がある時には、相手に聴く準備をさせなければ
残念ながら、いくら気合を入れて話しても、聞き流されてしまいます。

自分が伝えたことと、相手が知りたい事は違います。
もしかしたら、経営者目線、上司目線の話は、相手にとっては
プレッシャーがかかったり、耳が痛い内容かも知れませんね。

一応、聴いている振りをしても
スルーされているということも考えられます。

では、どうしたら相手が聴いてくれるのでしょうか。
その一つをご紹介します。

それは相手の興味ある事柄から話をスタートすること。
皆様は、部下や社員の興味、関心ある事柄って、ご存知ですか?
もし、即答できるなら普段からアンテナを張っている証拠です。

相手に歩み寄る姿勢を示すということです。
何も自分から歩み寄らなくてもいいじゃないか…と思うかもしれません。
しかし、話の効果を上げるためには、導入を工夫することが
有効手段です。

アナウンサーも番組の最初には必ずこうした工夫をしています。
いかがですか?相手とのコミュニケーションが聴き手の心を開き
メッセージがしっかり届く、相手が動くという結果に繋がります。
ぜひご活用ください。

常に結果を求められる、多忙なビジネスパーソンにお勧め!
頑張り過ぎず、ツボだけ押さえて成果を出す
◆2016年 1月17日(日)話し方クオリティ・プレゼンテーション講座 お申込み受付中こちら

企業向け研修について

個人コンサルティングについて

お問い合わせボタン


関連記事


コメントを残す