プレゼンテーションでインパクトを与える話し方①  | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2015年 08月 27日

プレゼンテーションでインパクトを与える話し方① 

プレゼンテーションでは、人数が多くなると
中には他に考え事をしている、上司に言われて嫌々来ている、
という方も交じっています。
そこで、どうやってこうしたあまり乗り気ではない聴き手を
前のめりにして聴いてもらうかという技術が必要になってきます。

さてビジネスでは、論理的に、結論先行で話すという基本があります。
おそらく皆様、お使いになっていると思います。
もちろん、通常、結論先行型で間違いはないのですが
大勢の前でプレゼンテーションをする際には
順番を変えると、聴き手が「えっ、何?」と引っ掛かりを覚え
関心を持ってもらえます。

例えば
A「この予約システムを導入するとコストが大幅に削減出来ます。
なぜならば、電話対応のスタッフが必要なくなり、その分の
人件費のコストダウンが図れるからです。」

というのと
B「人件費のコストダウン、多くの企業が抱える悩みではないでしょうか。
しかし、今でさえ人手不足なのに、これ以上の人員削減は難しい…というのが本音ですね。
そこで、本日は人員を削減せずに、人件費のコストダウンを図れる方法をご紹介します。
それが、こちらの予約システムです。」

Aは、結論先行です。上司への報告や会議などでの話し方の順序です。
しかし、プレゼンテーションではストーリーに起伏がなく、聴き手に引っかかりがありません。

Bはどうでしょうか。
実は、先に問題提起をしています。
その問題を解決する方法として、結論が出て来ます。

これは、TVでよく使う、視聴者の興味を引く話し方です。
このように、プレゼンテーションでは、結論の前に
何故、今、その話を聴かなければならないのかという
動機付けを行ってから、本題に入ると効果があります。

ぜひ、お試しください。
「話し方クオリティ研修」では、
社員おひとりお一人のプレゼンパフォーマンス向上で
御社のビジョン経営の実現をサポートします。

企業向け研修について

個人コンサルティングについて

お問い合わせボタン


関連記事


コメントを残す