【広報・リーダーの話し方㉚】時代の流れを捉える | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2015年 07月 26日

【広報・リーダーの話し方㉚】時代の流れを捉える

メディアを通して一般の方に商品やサービスをアピールする時、
クライアントや見込み客に行動を促す提案プレゼンで、
説得力を高めるために重要なのは「Why」理由が明確にすること。
聴き手が「なぜ、自分が動く必要があるのか」がしっかり分かればいいのです。
今は動画などで、どなたでも簡単にご自身のサービスを発信できるようになりました。
最初の30秒で、しっかり聴き手の心を掴んでいますか?

相手の心を掴むために、皆様、メリットを伝えると思いますが、
いきなり詳細なデータや細部の話をするより
効果的なのが、「時代の流れ、社会性を捉えて語る」方法です。

大きな時代の流れの中で、社会性、話題性、キーワードなどと関連させて説いていきます。
例えば、子ども向け携帯電話の提案で、
「こどもの安全のために携帯電話を持たせましょう」
「弊社では、こども向けサービスは以下3つ用意しています…」とプレゼンよりも

「核家族化、地域の繋がりの希薄化、等から、地域や大人の目が行き届かないという
中、残念ながら12歳以下が巻き込まれる犯罪は年々増加傾向にあります。
これは、決して大都市に限ったことではなく、あなたのお住まいの地域でも起きる可能性があります。
そこで、自分の身を守る、居場所を特定する、緊急連絡がとれるものとして、
携帯電話は今の時代重要なツールなのです。」

このような導入で、「何故、携帯電話がこどもの安全に必要か」を提示すると、
すでに本題に入る前に、必要性を感じ、欲しい、必要と思う方がいるはずです。

普段から様々な分野の情報に触れておく。
その中で、ご自身のプレゼンをするサービスや商品がどのような解決法を
提供できるのかを深く考えておくことをお勧めします。

プレゼンテーション研修、話し方コンサルティングでは
提供するサービスや商品PR作成サポートをしております。
お気軽にお問い合わせください。

kigyou

kojin

お問い合わせ


関連記事


コメントを残す