【広報・リーダーの話し方㉖】第一声でプレゼンが決まる | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2015年 07月 15日

【広報・リーダーの話し方㉖】第一声でプレゼンが決まる

プレゼンテーションは第一声で決まります。
声のトーンが聴き手に影響力を与えるからです。
最初に聴き手の心を掴めるかどうかで、プレゼンの成功が決まるといっても言い過ぎではありません。

印象や声のトーンは、その時の気持ちに大きく左右されてしまいます。
そのためしっかり腹式呼吸を使い、緊張感に負けない話し方を
身体で覚えておくと効果的です。

それでは、どのような第一声を出せばいいのでしょうか。
聴き手との信頼関係を作るには、声は山なりをイメージします。
そして人数によって、第一声の高さを変えます。
大人数の時には、声のトーンはドレミのミを意識してください。
声のトーンはボイストレーニングで自在に使い分けられるようになります。
話すためのボイストレーニングは、大勢の前でっもしっかり言いたい事が伝わるように
一本調子にならずに自然に語り掛けるように話せるように練習をしていきます。

どうしても、大きな声で話そうとすると
演説調になってしまいますが、これだとビジネスシーンでは
心理的距離を感じさせてしまいます。
心の交流を図りながら、プレゼンテーションを進めるのが
結果的に共感をうむ秘訣です。

信頼感と親和性つまり、強さと優しさ、この二つを兼ね備えた話し方こそが
プレゼンテーション成功には必要です。
ぜひ、ご活用ください。

kigyou

kojin

お問い合わせ


関連記事


コメントを残す