【広報・リーダーの話し方㉑】理論理解を促す説明のコツ | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2015年 06月 30日

【広報・リーダーの話し方㉑】理論理解を促す説明のコツ

話し方には、目的と方法があります。相手に理解してもらう目的には説明と言う方法を使います。
普段、当たり前のように行っている方法ですが、実は、伝わりやすい説明には、型があるのを
ご存知ですか?
基本をおろそかにしていたり、自己流だと、情報が上手く伝わらないばかりか、思わぬミスにつながり
信頼を損なう場合も。

そこで今回は不特定多数の方を前にしたプレゼンやスピーチで、聴き手に理論理解を促すコツを
お伝えします。

まずは、予告。結論やテーマをそれを伝える
聴き手にどうなって欲しいかが軸です。
さらに、何について話すか、アジェンダ(目次)を告げてからスタートします。

そして、順序良く。例えば道順は、右から左など順番に伝えますね。
このように、上下空間の順序、因果関係、既知から道未知、重要さ
など、順番に相手の頭に地図を描いていきます。

より具体的に。数字やキーワード、事例や資料などイメージしやすい工夫を。
伝えたい内容が難しい、目に見えないもの(保険などのサービス)場合には
特にこの部分が重要ですね。

もし、期待通りの反応が返ってこない
理解されていないなという時には
視点を変えた切り口で伝える

そして、終わりはしっかりまとめる

以上が、分かりやすい説明の方法です。

もし、話が分かりにくいと上司やお客様に言われる方は
自分の話し方を一度チエックしてくださいね。

WACHIKAでは、プロのフィードバックが受けられる研修やコンサルティングを通して
皆様のプレゼンシナリオ、デリバリー法をブラッシュアップサポートをしています。
ぜひ、お気軽にご相談ください。

kigyou

kojin

お問い合わせ


関連記事


コメントを残す