【広報・リーダーの話し方⑳】まとめは相手の立場にする | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2015年 06月 19日

【広報・リーダーの話し方⑳】まとめは相手の立場にする

プレゼンテーションでは、どうしてもご自身のサービスや商品の良さを
伝えたいという気持ちが先行してしまいがちです。
しかし、プレゼンテーションはあくまで「相手へのプレゼント」です。
もちろん、メリットを説明すると思いますが、
それが最終着地点においても強く印象に残るようなストーリー展開に
なると効果的です。

準備段階で、なるべく客観的にプレゼンを聴いてもらい意見をもらう。
今一度、結論が、自社製品サービスの良さで終わっていないか。ユーザー目線のメリットや
問題解決に繋がる具体的な行動を示すなど
「これなら取り入れてみよう」「試してみたい」と思わせるような
まとめ方の工夫をしてくださいね。

プレゼンテーション研修では、リハーサルを行い
話す順番や構成をコンサルティングしながらプレゼンを完成させていく形式のワークも
ご用意しております。
どうぞご活用ください。

kigyou

kojin

お問い合わせ


関連記事


コメントを残す