【広報の話し方②】 影響力ある印象を与える 見た目のポイント | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2015年 04月 28日

【広報の話し方②】 影響力ある印象を与える 見た目のポイント

人は、話しを目で聴くとも言われています。
また、初対面の場合、第一印象も重要になります。
第一印象で、人は、話し手に先入観を持つからです。

そのため、話の効果を高めるためには、話し手の見た目の印象を戦略的に使っていきます。
表情は、常に柔和な表情をキープしているか。
特に緊張すると、顔が固くなるという方は、ボイストレーニングをお勧めします。
伝わる声を鍛えながら、笑顔の練習にも効果的です。

次に姿勢です。
普段より胸を張り、話している間、ずっと正しい姿勢を保ちます。
また、座って話す時には、椅子の背もたれを使わずに座面の前よりに座ると
きれいな姿勢になります。
体重は、両足に均等にかけます。
片足にかけると横柄な印象になる場合があります。

そして無駄な動きをしないことです。
無意識にしている動きはありませんか。
一度、動画で撮影してみると分かりますのでお勧めします。

服装は、場の雰囲気や商品、サービスコンセプトにマッチしているか
女性は、感じの良いメイクか
男性は、髭の剃り残しはないか
靴は、手入れをしているか
など、意識をして印象を作っていきます。

特に、髪型はどなたが見ても良し悪しが分かりやすいポイントです。
特に見た目良く整えたいですね。

いかがでしょうか。
聴き手は、話し手に好意を持ちやすいと言われています。
ぜひ、期待を裏切らない「見た目」の印象で影響力を与え
話の効果を高めでください。

kigyou

kojin

お問い合わせ


関連記事


コメントを残す