イライラが緩和する指示の出し方 | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2015年 04月 01日

イライラが緩和する指示の出し方

部下やメンバーに指示を出すと、思い通りにいかない場合が多々あります。
作業の方法が違う、結果が違う
何でわからないんだ!とついつい怒りたくなりますが
相手は、悪気があって間違いを犯している訳ではありません。
原因はいくつか重なっている場合がありますが、その1つが「理解力」です。
「結果がイメージ出来ない」「方法が分からない」「何故この作業が必要なのか理由が分からない」
相手のレベルに、話し手が合わせていく必要があります。

このくらい知っていて当然だろう…と思っているのは、実は、相手に期待をしているということです。
その期待値に満たないと、イライラ、すれ違いの原因になるのです。

4月は新年度がスタート、新しい職場で新たなチームを組む機会も増えます。
まずは、一方的に指示を出す前に、相手の理解度を確認するところから始めたいものです。
何事も、最初が肝心。決して威圧的にならず、同じチームを組む一員というスタンスで
話すようにすると、メンバーに調和がうまれ、チーム力がアップします。
ぜひ、上手は指示の出し方を意識したいですね。

kigyou

kojin

お問い合わせ


関連記事


コメントを残す