会話の弾ませ方 | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2014年 01月 24日

会話の弾ませ方

対人会話力をつけることは、ビジネスの基礎力です。
話し方には、3つの効果があります。
1つは開放的。大声を出したり、独り言、仲の良い間での愚痴などで
スッキリストレス解消、リラックスを図るもの。

2つ目は、結合的。言い換えると人間関係構築です。
ここで使う話し方が、あいさつ、声掛け、雑談などの会話。
つまり、コミニュケーション力の基本が対話力ということですね。

参考までに3つ目が実務的。説明、説得、報告、叱る、褒めるなどです。
さて、この対人会話力、会話はよく「キャッチボール」にたとえられます。
言葉を取り交わすことで、気持ちを取り交わす、頻度が多いほど親近感が増すと言われいます。
初対面のお客様、職場の上司、部下などとのコミニュケーションを効果的にとる
会話をあなたが主導権を握って弾ませてください。

では、どうしたらよいのか。
いくつかポイントがありますのでご紹介します。

その1.弾む会話は聴くことからはじまる。
もし、あなたが会話ベタなら、もしかしたらよく聴けていないことが
原因かも知れません。
「人は相手の価値を認めていない時、饒舌になる」とも言われています。
座持ちがいいと勘違いして、場を盛り上げようとして、
ひとりで話題を独占していませんか?
「聞き上手は話させ上手。話させ上手は人気者」
まずは、聞き上手で、ホスト役に回ってみてください。
自分の話を聴いてくれる人を、人間は好きになるものです。
そこから人間関係もうまれます。

次回に続きます。
プロが指導するWACHIKAプレゼンテーショントレーニング詳細はこちら

人前&初対面に強くなる話し方7つの法則入門セミナー
次回開催1/24(金)先着順お申込み受付中

◆対話力が高まるプレゼンテーション研修のご依頼はこちら
お問い合わせ

◆セミナー・プレゼンで活かす心に響く話し方の法則メルマガ登録は下記から
メールマガジン登録


関連記事


コメントを残す