話の効果をアップする好感を与える表情 | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2015年 01月 15日

話の効果をアップする好感を与える表情

同じことを話しても、伝え方によって相手の受け取り方が違います。
それは、人は「目で話を聴く」からです。
コミュニケーションの源は、ノンバーバルコミュニケーションだという人もいます。
つまり、どんな表情で、態度で話しているかで話の効果が左右されるということ。

あなたは、お客様に、部下にどんな表情で接していますか。
微笑みを絶やさない、聴き手の心を開く表情で話していますか
つい、初対面の方や苦手な相手、緊張するシーンでは
表情が固くなりがちです。
また、日本語はあまり表情筋を使わなくても、発音できるので
無表情になりがちです。
動画をとると、よくこんな顔をして話していたの…と驚く方もいます。

実は、明るい声の印象で話すと同時に笑顔になります。
話し方レッスンでは、声と表情を同時にレベルアップしていく事が可能です。
トレーニングを進めていくと、どのようなシーンでも
相手を惹きつける自然な表情を手に入れることが可能です。

周囲にどのような影響を与えているかを知ること
相手に好感を与える表情を作ることは
コミュニケーション上手、話上手の第一歩です。

kigyou

kojin

お問い合わせ


関連記事


コメントを残す