また会いたいと思われる話し方 | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2014年 01月 06日

また会いたいと思われる話し方

初対面の方にまた会いたいと思われるためには
余韻を残すことが大切です。
そのためには相手の気持ちに沿った話し方を心がけたいものです。

また会いたいと思われる話し方3つの基本は
①出会い ②気持ちを汲み取る ③おもてなしの会話です。
①出会いを大切に
お客様、受講者、クライアント、ご縁は偶然から始まります。
その偶然の出会いを話す、聴くという行為を通して関係を深めていきます。
相手に、この人と話したいと思わせるためには
第一印象が鍵を握ります。
柔和な表情で接していますか?
和ませる声のトーンですか?
信頼感や安心感を与える言葉遣いですか?
特に忙しい時や緊張している状況でも
余裕をもった接し方が出来るようにしておくといいですね。

②相手の気持ちを汲み取る聴く力
相手の話の裏にある欲求をしっかり把握するために
良い聴き手となりましょう。
例えば商品知識の浅いお客様は
本当に欲しいものやこうしたいという要望を、うまく言葉で表せない場合があります。
そんな時には、的確に気持ちを汲み取って
「○○ということでよろしいのでしょうか?」
「どういう用途でお探しですか?」
などど、相手の気持ちを表現するお手伝いをするつもりで
質問をしながら言葉を補っていきます。
相対するのではなく、同じ方向を向いているという意識で声を掛けてくださいね。

③おもてなしの会話力
人は誰でも、自分を認めて欲しいと渇望しています。
瞬時に相手のいいところを探してさり気なく伝えたり
言われて嬉しい言葉をプレゼントしてください。
声を掛けなくても相手に関心を示し、認めていれば
態度に出るものですが、タイミングよく自然と言葉にすることが
また会いたいと思わせる人の行動なのです。

あいさつ、声掛け、聴き方、会話といった
話し方の要素を充分活用しながら
また会いたいと思われ
素敵な関係を構築し、更にしごとを広げてください。

毎月開催中 初対面&人前での話し方7つの法則入門セミナー

◆話し方グループコンサル詳細

◆セミナー・プレゼンで活かす心に響く話し方の法則メルマガ登録は下記から

メールマガジン登録

◆話し方研修、話し方セミナー、スピーチトレーニングのお問い合わせ・お申込みはこちら

お問い合わせ


関連記事


コメントを残す