ビジネスシーンで成果をあげる話し方のルール | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2014年 01月 07日

ビジネスシーンで成果をあげる話し方のルール

話しをする目的は何ですか?
ビジネスシーンにおいては
おそらく業績を上げたい
ということが目的になりと思います。

そのために、プレゼンで受注をとる
交渉を有利に進める
お客様に購入してもらう
接客サービスで満足感を与え顧客につなげるなど
その時々のゴール設定があるはずです。

実は、話し方には、それぞれの目的を達成するために
相応しい方法というものがあります。
ビジネスで活用する話し方は、大きく以下の分類ができます。
分からせる➡説明
知らせる➡報告
動かす➡説得
ほめる➡称賛
改めさせる➡忠告

ぜひ話し方のルールを活用してビジネスを円滑に進めてください。

こうした体系的な手法を組み合わせながら
プレゼン、交渉を行うと、戦略的に
目的を達成することが出来ます。
ぜひご活用ください。

◆ビジネスを円滑に進める話し方研修のご依頼はこちら
お問い合わせ

毎月開催中 初対面&人前での話し方7つの法則入門セミナー
次回開催日程 1/24(金)お申込み受付中
◆話し方グループコンサル詳細

◆セミナー・プレゼンで活かす心に響く話し方の法則メルマガ登録は下記から
メールマガジン登録


関連記事


コメントを残す