記憶に残る話し方 | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2014年 11月 21日

記憶に残る話し方

相手の記憶に残る話をするための方法があります。

人の話しを聴くという作業は、とても疲れるものです。
ですから、相手への配慮という意味でも話し始める前に
伝えたい内容をスッキリまとめることが大切です。
つい、あれもこれも…と内容を詰め込み過ぎていませんか。

ちょっと一言お願いします。と言われた時のスピーチや
プレゼンテーションなど様々なシーンでの基本です。

記憶に残るためには、1つのテーマに絞ります。
結局のところは何をいいたいのか、ということを
自分自身で把握しておくことです。

そして、大きなストーリーを作ります。
これを、「構成法」ともいい、ロジカルシンキングの手法を使ったものや
起承転結など、いくつかの方法があります。

ビジネスのように、時間が限られている場合には、結論➡理由➡根拠➡結論という
流が主流ですが、はじめから結論をいうのではなく聴き手との信頼関係を温めるための対話や、
問題提起から入るなどの、相手を聴く姿勢にする工夫が必要です。

また、スピーチでは、ちょっと意外な展開になる驚きや、共感を与える
話し方の工夫もぜひ使いたいところです。

言いたい事を伝えるだけでは、相手の記憶には残りにくく、
状況や相手、目的に合わせたストーリーをぜひ使ってください。

お問い合わせ

kigyou

kojin


関連記事


コメントを残す