テーブルプレゼンの進め方 | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2014年 11月 15日

テーブルプレゼンの進め方

テーブルプレゼンというと、営業のイメージが強いかも知れませんが
実は、様々な業種で必要なスキルです。
例えば美容サロン、美容外科、歯科などでは、見込み客のカウンセリングを通して
このテーブルプレゼンを行っているとも言えますね。
また、車、ジュエリー、着物など高額商品も、
一見、雑談風ですがしっかりプレゼンを行う傾向が強い現場です。

テーブルプレゼンで、やってはいけないのが自分ばかり話し、
お客様が聞き役に回ること。
プレゼンと言っても、自分の言いたい事だけを伝えるのではありません。

相手との信頼関係を作り、ヒアリング、その後に提案です。
この順番を飛ばすと、上手くいきません。
ぜひ、テーブルプレゼンは、一つひとつの過程を丁寧に進めてください。

カウンセリングに活用するプレゼンテーションスキルは
研修やコンサルティングでお伝えしています。
御社の業績向上にお役立て下さい。

お問い合わせ

kigyou

kojin


関連記事


コメントを残す