スムーズに伝わるための方法 | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2014年 10月 20日

スムーズに伝わるための方法

ビジネスシーンで、価値観や立場が違う相手にスムーズに話を伝えるって、難しいですね。
しかし、案外シンプルな方法で、このお悩みを解決できます。

例えば、仏料理を食べるという目的がある場合、
ナイフ、フォーク、スプーンという食べるための道具が必要です。
しかも、ナイフは切る、フォークは刺す、スプーンはすくう。という
それぞれの使い方があり、使い方が入れ替わってしまっては
食べることは出来ても、不便です。

相手にモノを伝えるという目的がある場合も同じです。
「伝える道具」が「話し方」「聴き方」「構成の仕方」です。
もっと細分化していくと、説明(分からせる)や説得(行動させる)、共感(感じさせる)等
目的が分かれてきます。
営業、販売、プレゼン、面接などのシーンでは、これらの組み合わせによって
相手に「伝わる」方法を使いこなしていけば、結果はついてきます。

伝わらない原因は目的に相応しい方法を使わないからです。
ぜひ、体系的な話し方であなたの目的に相応しい「伝える道具」=「話し方」を
磨いてください。
「話す力」を軸とした、ビジネスコミュニケーション研修、レッスンでお伝えしています。

kigyou

kojin

お問い合わせ


関連記事


コメントを残す