誤解されずに伝えるためのポイント5つ | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2014年 10月 14日

誤解されずに伝えるためのポイント5つ

日本人は曖昧さを好みます。
はっきりものを言わず、察して欲しいという場合が多々あります。
話す目的別にみると、対人関係を作る段階、会話を楽しむ場面ではいいのですが、
実務レベルでは、曖昧さは禁物です。
伝えたつもりが、伝わっていない。違う意味にとられてしまう。
お互いにズレがあると仕事に支障をきたすばかりか、
信頼関係も揺らいでしまう恐れがあります。

誤解されずに、伝えるポイント5つです。
1.目的をしっかり持つこと。
2.目的に相応しい順番で、ロジカルに話すこと。
3.相手のよく使う言葉や表現に置き換えること。
4.回りくどい表現は避けて、シンプルに構成する。
5.Why理由を相手目線で説明すること。

ビジネス話し方研修やプレゼントレーニングでは、実践的なプログラムを使用して
効果的にスキルアップを図ります。
アナウンサーの「話すプロ」の技術と、「調和」をうむコミュニケーションマインドで
伝わる力をサポートいたします。
伝わると、もっと仕事が楽しくなります。キャリアアップを、充実のプライベートを手に入れてください。

kigyou

kojin

お問い合わせ


関連記事


コメントを残す