人前での話し方 心構え編  | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2014年 10月 08日

人前での話し方 心構え編 

営業プレゼンや説明会、社内会議の場など
大勢の前で話す時に、上手く話せる術をお伝えします。
今回は、「心構え」についてです。
緊張する、あがり症です。どうすればいいでしょうか?という
お悩みを多く聞きます。
様々な原因がありますが、誰でも大勢の前で話す時には緊張するものです。
緊張しても、なるべく普段通りに話すには、いくつかコツがあります。

①気負わない、
等身大の自分の言葉で伝える。
良いところを見せよう、などど野心を持つと、かえって空回りして失敗をします。

②ターゲットに気持ちを向ける
聴き手に集中します。私は講演に行くと、スタート前に、お客様は、どんな気持ちで、ここに来たのだろうか。
普段はどんな仕事をしているのか。など、一人ひとりのお顔を見ながら
想像をしてみます。もちろん、時間がある時には、ご挨拶をして普段の様子を伺います。
話の決定権は聴き手が持っています。
相手が聴きたい内容をお伝えします。

③余裕を持つ。
何事も、余裕が肝心です。
資料の準備、原稿のチェック、当日の会場の様子、機材、レイアウト、入り時間。
特に、当日はバタバタとなりがちです。少し早目に会場入りをして
ゆっくり気持ちを落ち着けてから本番に臨みたいですね。
これだけで、随分気持ちがリラックスするものです。ぜひご活用ください。

スピーチ、プレゼンテーションのスキルアップをお考えならお気軽にお問い合わせください。

kigyou

kojin

お問い合わせ


関連記事


コメントを残す