受付での来客対応 お客様の心を開く声のトーン | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2014年 09月 01日

受付での来客対応 お客様の心を開く声のトーン

受付や、来客対応は、企業の顔です。
応対する人の第一印象が企業イメージへと繋がり、
その後の交渉や商談などビジネスを左右するお客様の「感情」に直結します。
一瞬の「いい感じ、良くない」という感覚を決しておろそかには出来ません。

さて第一印象は見た目55%、話し方38%、内容7%(メラビアンの法則)と言われており
話し方を変えると、印象が確実にアップします。

ポイントは、ボイストーンです。
ビジネスに相応しい話し方は信頼感のある「声」です。
高すぎる声や浅い呼吸の声は、幼稚な感じを与え信頼感がありません。
かといって、こもりがち、低すぎる声では暗い印象です。
印象の良い声は、どなたでも身体の使い方で身につきます。

挨拶時、感謝の言葉を伝える場合は声は山なりに
ロジカルに、伝達、説明をする時にはストレート
相手のお悩みやクレームを聴くときには、「はい」の返事のトーンを誠実に。

明るく人柄を感じさせ、品がある声で伝える技術。
ビジネスで好感を与える「ボイストーン」を研修でトレーニングいたします。
ご活用ください。

kigyou

kojin

お問い合わせ


関連記事


コメントを残す