相手の真意をつかむ質問の仕方 | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2014年 07月 23日

相手の真意をつかむ質問の仕方

相手の真意をつかむには、プレゼンのシナリオを準備することを
お勧めします。

交渉や対話をどのように進めるのかを一通り考えて、ターゲット分析の結果、不足部分を
対面で質問をしながら埋めていきます。
しかし、あくまで相手の出方次第でシナリオは変わっていきます。
目的はひとつで、そこに到達するまでの道順は幾通りもあるイメージです。
方法選択のためには傾聴力、相手の真意をつかむのには質問力です。

WACHIKA式プレゼン研修では
①影響力
②表現力
③構成力
④分析力
⑤説得力
の順で成果を出すためのトレーニングをおこなっています。
質問は、④の分析力でのスキルです。

アナウンサーのインタビュースキルと傾聴力理論から
それぞれのビジネスシーンに相応しいトレーニング方法を
提案いたします。
相手の真意がつかめると、的を絞った提案が出来、成果が出やすくなります。

kigyou

kojin
◆プレゼンテーション研修・話し方診断
お問い合わせ


関連記事


コメントを残す