「人前で話す」劇的に変わるポイント3つ | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2014年 05月 26日

「人前で話す」劇的に変わるポイント3つ

人前で話す際、緊張して普段通りにはいかないという方も多いようです。
自分を必要以上に大きく見せる必要はありませんが
自信なさそうな話し方はNGです。
せっかく内容が充実していても価値が充分伝わらず
成果が出にくいからです。

プレゼンやセミナー、スピーチなど人前で話す際に控えたい話し方は
・小さい、早口、滑舌が悪いなど聞き取りにくい
・固い表情
・一本調子の話し方

これを以下のように改善してみましょう。
・聞き取りやすい良く透る声
【理由】実は人は聞き続けるのが苦手です。聞きにくいと努力を要し疲れてしまうため
集中力が途切れ、その結果印象に残りません。

・柔和な表情
【理由】笑顔は心の扉を開きます。柔和な表情をキープすることで、話を受け入れてもらいやすくなります。

・メリハリのついた話し方
【理由】メリハリがついた表現法はリズミカルで、聴き手を飽きさせず
場の雰囲気を良いものにします。

この3つを変えるだけでも、劇的に聴き手の反応が変わります。
ポイントは「自分でやっているつもり」から
「周囲に分かるようなスキルアップ」

ぜひビジネスプレゼン、会議、クライアントへの説明など
幅広いシーンで活用してください。

kigyou

kojin
◆プレゼンテーション研修・話し方診断
お問い合わせ


関連記事


コメントを残す